« 義肢装具士って? | トップページ | 私の大冒険~健康診断結果~ »

2004/10/17

ブルース・オールマイティ

「もし一週間だけ神様になれるとしたら、あなたは何をしますか?」
 
 配給会社のキャッチコピーである。

 うーん、私ならどうしよう。

 主人公のブルースは、街ですれ違う通行人のスカートをまくったり、レストランで注文したスープを「十戒」でモーセが紅海を二つに分けたように分けたりと、ほんとつまらないことにそのオールマイティ(全能のちから)を試してみる。それに加えて、ショーウインドウの服をパクるは、乗ってるポンコツフェアレディZをフェラーリ(ですよね?詳しい方教えて)に替えるはと、どんどん調子に乗ってその力を使っていく。そんなブルースを見ながら、「ほんまアホやなーこいつ」と笑いつつも、自分も何でも出来る力をもらったらたぶんほぼ100パーセント同じ事をするだろうなあと、まるで自分を見ているような気になってくる。

 そして、彼が一番望んでいること、テレビニュース番組のアンカーマンになるという夢の達成のためにその力を発揮していき、彼はなんなくそのアンカーマンの座を手にするのだが、その夢がかなったゆえに、最愛の人は彼から離れていってしまった・・・

 --全能のちからによってさえも人の心を変えることは出来なかった--
そのことがとても深みのある、示唆に富んだこととして、この作品の核をなしている。

  ラストシーン。

 ブルースは、最愛の人グレースがブルースのために毎日祈りを捧げていた、ということを知る。ここで初めて彼は、自分の身勝手さと愚かさに気付いて、神様に助けを求める。そして、今まで神様にずっと「グレースを取り戻したい」と願ってきた祈りを、「彼女が幸せになれる人と彼女を出会わせて、そして幸せな人生を与えて欲しい」と神様に願う。

 グレースの祈りが、愛が、(神の全能のちからでは変えることが出来ないはずの)ブルースの心を変えさせたのだ。
 
 この作品には、聖書から引用したいろいろな記事がある。冒頭に書いた十戒の場面や、これも出エジプト記からのアブの記事、それから、神様と二人で水の上を歩いているところなど・・・

 しかし、一番聖書を引用していると思えるのは、神様は、この作品に現れるように、「私たちの友である」ということでないかな、と思う。

 お勧めの一本である。

 こちらも参考に。

T-シネマズ(我が家のHPです)


 

|

« 義肢装具士って? | トップページ | 私の大冒険~健康診断結果~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37161/1704742

この記事へのトラックバック一覧です: ブルース・オールマイティ:

« 義肢装具士って? | トップページ | 私の大冒険~健康診断結果~ »