« 私の大冒険~健康診断結果~ | トップページ | 義肢装具士は忙しい? »

2004/11/23

アイ,ロボット

「私はユニーク。私は博士に目的を持って作られたんだ。」

 主人公?のロボット、サニーが言ったセリフである。

 ユニークとは、「類のない、唯一の」という意味だ。uni=一つというところから来た言葉である。大量生産されるロボットがなぜ「ユニーク」なのか。これは本編を見てじっくり考えていただきたいが、ひとつだけ言えるのは、「ユニーク」かどうかは、作り手が決める、ということだ。

 この映画は、人間に作られたロボットであるサニーが、自分の作られた目的に気付き、それに向かって行動する、というなにかこう人間とダブらされる物を感じさせる作品である。そして、このサニーをロボットであるがゆえに憎み、追い続けていく主人公のスプーナー刑事も、自分が九死に一生を得た意味や、その後自分が生きている意味を見出していく。
 もう一つ、この作品を見て以前見た「A・I」を見返してみた。「A・I」では、ユニークに作られたと信じていた主人公のデイビッドは、自分と同じロボットが並んでいるのを見てショックを受けてしまい、なんと自殺してしまう。だが、この映画のラストシーンでは、不思議にも、彼はユニークな存在であったという結末で終わっている。この作品も同じテーマが下敷きとなっているのだ。そう、キーワードは、「ユニーク」。

 多くの人たちが、「自分は何のために生きているのか」を捜し求め、そしてある人たちはその答えを見出しかねて死を選んでしまうのではないだろうか。
 もちろん、ある人たちにはそんな問いは必要なく、毎日を楽しく、あるいは、つらくとも前向きに生きているだろう。「そんなくよくよいじいじ考えていないで、明るく前向きに行こうぜー」と。
 
 私は、クリスチャンになって自分が神様に生きる目的を持って作られたのだと知った時、正直とても感動した。そう私も、神様を知って初めて自分が「ユニーク」であることを知ったのだ。
 

|

« 私の大冒険~健康診断結果~ | トップページ | 義肢装具士は忙しい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37161/2045546

この記事へのトラックバック一覧です: アイ,ロボット:

« 私の大冒険~健康診断結果~ | トップページ | 義肢装具士は忙しい? »