2008/01/25

英会話を習い始めました

前回の記事でも書きましたが、今後の進路を考えると結局英語力アップは避けて通れないということでデング熱から回復した後は、hanaが前から通っている英会話学校に通い始めました。hanaはグループレッスンで一時間50バーツくらいで習っていましたが、私がシャイでグループだとほとんどしゃべれないだろう、とのhanaの思いやりで私達夫婦二人だけのプライベートレッスンとなりました。でもそのせいで二人で一時間420バーツ!!総計30時間で12,500バーツ払いました。 こちらのラーメンに換算すると一時間21杯分、総額は家賃の4倍弱と我が家の家計の大出費となりました。

こちらに来てから、ずっと英語で仕事をしていたので、読み書きは遅いながらもまあまあ上達してきたかな?と思います。でも、話す・聞くは、ネイティブ相手には話したことなくていつもブロークンな英語ばかり聞いて、また、こちらも単語の羅列で話していたので、何が正しいのかもわからず、さっぱり上達できませんでした。

英会話で少しずつ話をしていくうちに、ちょっとは言葉が出やすくなったかな?とは思いますが、まだまだですね。さらに独学して英語力アップして行きたいと思います。

もし、オーストラリアで留学するとなると、IELTSというテストで6.5以上のスコアを取らないといけないのですが、今は試験をしていないのでなんとも言えないけど5から5.5くらいじゃないかと言われています。

当分の英語の目標は、この6.5を取ることにしたいと思っていますが、スコアを1上げるのに10週くらいかかるらしく、結構先は長そうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/01/22

求職中です

デング熱から開放され、ぼちぼちと就職活動をしている。

今のところ、次の4つの選択肢を考えている。

1. 途上国で働く

2. 英語圏で英語力アップのために働く

3. オーストラリアに英語力アップをかねて留学

4. 日本に帰って働く

正直言って、日本帰国以外はどれもとても難しい。

1番の途上国での仕事があれば一番いいと思っている。私が神様に与えられた目的は、海外で自分の能力を必要とする現地の人のために使うこと。ちなみに、ベトナム行きは、去年の12月中旬に現地のNGOの都合によりキャンセル。引き続き海外で働くことが神様の計画なら、神様は次の道を用意してくれるだろうし、そうでないなら、この道は閉ざされ、他の道を模索するしかないと信じている。

次の2番は、1番が探せなかった時に将来を考えて、英語力アップのために給料が安くても英語圏で仕事が出来ればと考えている。が、実際のところ、外国人が簡単に働けるところというのがそうあるわけでもなく、仕事探しが大変である。

3番は、いよいよ1番も2番もだめな時、財政上クリアできる見込みがあるのなら、1年ほどの留学も将来を見越したら無駄ではないのでは、と考えている。でも、留学は、学費だけで年間200万円らしいし、それ以外に色々プラスされて、生活費もかかる。子供はいないが、妻がいる身でこれは相当の決心がないとなかなか決断できない選択。

最後の4番は、結果的にどれもだめなら日本に帰国するしかないという残された最終選択肢。しかし、これが一番簡単かと思いきや、実は、もし再度海外で働くということを考えた場合、経費がとてもバカ高くつくので、実際のところ可能なら避けたいと思っている。私達は、タイに来る時、賃貸の部屋を引き払って、ほとんどの物を処分してきた。だから、帰国したら、生活するためのあらゆる物を再度揃えていかなければならない。考えただけで恐ろしい。

私達の将来は今、何の予定もない、何もまだ書かれていないキャンバスのような状態である。これを私達は冗談半分に、「お先真っ白」と呼んでいる。360度フルオープン、どこにでもいける、というか・・・

今までの人生の中で、先の見えない状況に陥ったことが何度もある。その度に、イエス・キリストがその暗闇の中で、足元を照らしてくれた。

さあ、神様は次はどこに私達を連れて行かれるのか、困難を極めている求職状況の中で、ひそかに期待している私達であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)